「地域に合った移動の仕組み作り」に取り組む 支援団体のご紹介

トヨタモビリティ基金とは トヨタモビリティ基金とは

トヨタ・モビリティ基金は、2016年より日本国内において
過疎化・高齢化などによる公共交通の縮小によって発生した
移動課題の解決に向け、新しい移動の仕組みづくりなどに取り組んできました。

これらの活動を通じ、持続可能な移動の仕組み作りには、
情報技術の活用や、
地域の多様な分野(交通、福祉、教育、医療、観光等)で活動する
行政、市民、公共交通事業者、NPO等による連携といった
新しい発想を取り入れることが重要であることを学びました。

そこで、そうした発想を取り入れた活動を支援することにより、
より良いモビリティ社会の実現に寄与したいと考えています。

トヨタ・モビリティ基金について

支援団体のご紹介

「地域に合った移動の仕組み作り」に取り組む29件の活動団体をご紹介します。

活動地域 団体名 活動名 活動内容
1 北海道 北海道初山別村企画振興室(北海道) 住民との協働による、ハート&タイムシェアリング(デマンド型車輌運行とフレイル対策)
2 北海道 当別町地域公共交通活性化協議会(北海道) 当別版『Local MaaS』の構築とまちづくりへの政策的統合
3 青森県 八戸市地域公共交通会議(青森県) 八戸市南郷地区におけるコミュニティ交通の再構築とサポート・検討母体の確立
4 宮城県 移動支援Rera(宮城県) 被災地復興から持続可能な助け合い送迎への移行を目指した、住民主体の仕組みづくり
5 宮城県 日本カーシェアリング協会(宮城県) 石巻市の「コミュニティ・カーシェアリング」の発展と他地域展開等を通じた地域課題解決活動
6 福島県 郡山観光交通株式会社(福島県) 超高齢社会における「郡山版MaaS」モデル創出プロジェクト
7 東京都 八王子共生社会推進会議(東京都) 移動困難者を活動場所等へ移動・送迎支援するネットワーク構築活動
8 神奈川県 NPO法人つばさ福祉送迎(神奈川県) 地域住民が主体となる訪問・移動サービス
9 神奈川県 横浜市仏向地域ケアプラザ(神奈川県) 仏向ふれあいワゴン
10 神奈川県 若葉台まちづくりセンター(神奈川県) 高齢化が進む郊外住宅団地におけるラストワンマイルを支える移動手段の充実活動
11 富山県 株式会社島田木材(富山県) 自然豊かな日本遺産井波のまちなみに、地域資源で走る持続可能な公共交通網づくり
12 石川県 輪島商工会議所(石川県) 電動カートWA-MOネットワークによる健康増進と運営支援体制の拡大
13 山梨県 株式会社昇仙峡渓谷オムニバス(山梨県) MaaSによる観光と地域輸送の両立
14 長野県 伊那市企画部企画政策課(長野県) 遠隔医療による「モバイルクリニック」事業
15 長野県 長野県企画振興部(長野県) 相乗り誘発型のオンデマンド移動サービスと配送代行サービスの提供
16 岐阜県 最先端田舎中津川準備会(岐阜県) グリーンスローモビリティとICTを用いた地方都市バスの活性化
17 京都府 京都府建設交通部交通政策課(京都府) 公共交通の再構築による行き活き暮らせる村づくり
18 兵庫県 豊岡市都市整備課(兵庫県) 地域特性に応じた新たな移動の仕組みの創出
19 兵庫県 株式会社こみなみ(兵庫県) 移動支援で支える かとうサクセスフル・エイジング
20 兵庫県 黒田庄まちづくり協議会(兵庫県) 福祉送迎者を活用した地域の安心・安全な暮らしを守る活動
21 兵庫県 福崎町まちづくり課(兵庫県) 福崎町・姫路市連携コミュニテイバス【(仮称)ふく姫号】運行社会実験
22 鳥取県 中央大学 研究開発機構(鳥取県) 鳥取県人口低密度地域(琴浦町、日南町)を対象とした、新たな仕組みを用いた住民モビリティ支援システムの構築と実装
23 島根県 三成郷づくりの会(島根県) 高齢者や子ども等の田舎生活を豊かにする、通院・買い物・お遣いなどの暮らしサポート
24 岡山県 久米南町総務企画課(岡山県) ICTを活用したクラウド型配車システムの導入による貨客混載も可能とした効率的なデマンド交通の構築
25 山口県 ほほえみの郷トイトイ(山口県) ICTの活用による高齢者に安心と笑顔を届ける地域に合ったモビリティの創造
26 徳島県 池田博愛会(徳島県) 多世代が集う地域交流拠点での買い物困難者への買い物機会の提供と多世代イベントの実施
27 熊本県 イーモビネット(熊本県) 天草の離島を「海の道」で繋ぐモビリティ・シェアリング
28 宮崎県 宮崎市青島地域振興協議会(宮崎県) 地域の力を活用した移動ニーズのマッチングによるお出かけ支援
29 鹿児島県 薩摩川内市企画政策部地域政策課(鹿児島県) 住み慣れた地域に住み続けるための、地域内交通による小さな拠点づくり

地域の移動 参考事例 地域の移動 参考事例

参考資料のご案内

ファイル名
「みんなで作る地域に合った移動の仕組み」
~自家用車を活用した「自家用有償旅客運送」導入ガイドブック~

地域に合った移動の仕組み作りに向けて、
その手段の一つである自家用有償旅客運送の導入を中心に説明したガイドブックです。
導入プロセスのご紹介に加え、持続可能な移動の仕組みの好事例として、
情報技術の活用や、交通以外の分野と連携する等の
新しい発想を取り入れた移動の仕組み作りを行う地域を掲載しています。

募集要項

「地域に合った移動の仕組み作り」の助成をご希望の方は
下記の募集要項をご参照のうえ、申請してください。

11月1日以前にダウンロードされた「予算計画書」および「別紙3 予算計画書」に不具合がございました。
修正したものを公開済みですので、再度ダウンロードしていただき、ご使用ください。
お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

助成対象団体
地方公共団体、NPO等の市民団体、民間企業、各種法人(個人は対象になりません)
※地方公共団体以外が応募する場合には、活動予定地域を管轄する地方公共団体による確認状が必要です。
募集期間
2018年11月1日(木)~2019年2月28日(木)(午後5時まで)
助成対象事業
地域の移動課題の解決を目指す、以下の内容を含む事業
(1)複数の分野のプレイヤーが連携するための体制を形成する
(2)対象地域の市民と移動課題を共有する機会(広報活動やワークショップ等)を用意する
(3)対象地域において車両を用いた運行を行う
(4)本助成対象事業に関する明確な達成目標があり、達成状況の確認を行う
(5)本助成期間終了後の維持継続案がある、もしくは維持継続に向けて検討を行う
助成内容
助成金額は、事業の内容や規模にあわせて、以下の(A)(B)のなかから選んでください。いずれも最大2年間使用することができます。
(A) 300万円未満
(B) 300万円以上3,000万円以下

応募条件や対象となる費用に関する詳細は、募集要項をご確認ください。
申請方法
下記応募書類をダウンロードし、必要事項を入力のうえ、ファイルをメールにて送付してください。(ファイルの容量の合計は10MB以下とします)
書類 提出対象団体 ご提出ファイル形式
募集要項
(募集の詳細はこちらをご覧ください)ダウンロード
応募用紙ダウンロード 全団体 エクセル形式
予算計画書ダウンロード 全団体 エクセル形式
【別紙1】
地方公共団体による確認状ダウンロード
申請団体が
地方公共団体以外の場合に提出
ワード形式、PDF形式、
写真形式のいずれか
【別紙2】
連携団体概要ダウンロード
連携して事業を行う団体がある場合に提出
申請団体が事業者の場合は必須
エクセル形式、
もしくはPDF形式
【別紙3】
業務委託事業の予算計画書もしくは見積書
ダウンロード
100 万円以上の業務委託を行う場合、業務委託先毎に予算計画書を作成もしくは見積書を提出 エクセル形式、
もしくはPDF形式

詳しくは下記募集要項をご確認ください。

公募のスケジュール 公募のスケジュール

よくあるご質問

助成についてのご質問は、下記にてご確認ください。

お問い合わせ先:一般財団法人トヨタ・モビリティ基金